アフィリエイトでは特商法に基づく表記が重要!「副作用」に関する説明が必要な場合がある

副業でも特商法に基づく表記は大切

アフィリエイトを行うときに美容に関する品を紹介することがあるはずです。
しかし、そういったときには注意をしておかないといけない点があるのですが、それが「副作用」というワードに関してなのです。
化粧品やスキンケアで使う品を紹介する際に、記事を読む方としても特定の商品に副作用があるか?どうかというのは気になるはずです。 したがって、記事にそういう情報を載せておいた方が良いというのは言えるのですが、「副作用」という言葉に関して、正しい認識を持っていない人が多くいると思われるのです。 そこから勘違いが生じて、結果的に自分が書いた記事が信用されないということが起きる可能性があります。
そういったことを頭に入れておかないといけないということなのです。
そして、こういうジャンルの品をアフィリエイトで扱うときには、記事を書く本人がまず副作用について正しい認識を持っておかないといけません。 副作用というのは、ある薬に期待されている効果とは別に生じる作用ということになっています。
つまり、副作用という言葉は本当は薬に対して使うものであって、化粧品とか、スキンケアで使う品に対しては使いません。
ですので、副作用という言葉の正しい定義を知っておくことも重要ですが、副作用の正しい定義に関して、記事の中で説明しておかないといけないのです。
「副作用はなし」と書いておいたとしても、その記事を読んだ人が別のサイトの口コミなどを見て、肌荒れが起きたとか、そういう記述を見つければ、副作用はないと書いてあったけど、実際はあるんじゃないの?と考えてしまう可能性があります。そういったマイナスの勘違いも起こさせないよう注意を払わなければなりません。
すると、自分が書いた記事の内容は信用されず、広告を踏んでくれることもないでしょう。 だから、薬ではない化粧品やスキンケア用の品には副作用という概念は存在しないということを記事を読んだ人が知る必要があるわけで、そのための説明をしておかないといけないということになります。 嘘つきと思われないためには、そういったところまで気を遣っていくべきと言えるのです。

記事を読んでいる人がどの程度正しい知識のうえで読んでくれるか?というのは、記事を書いている側にとっては正確には分かりません。 ということは、できるだけ分かりやすく丁寧に書いて、間違った知識を持っているかもしれない人に合わせる必要性があるので、アフィリエイトをやっていくときには、常にそういう意識を持って記事を書いていかないといけないと思うのです。

SNSでもご購読できます。